fc2ブログ

いつの間にアラフォー!?

もうアラフォー!?と思っているうちに気がつくとアラフィフ!!なのに、まだまだ可能性があると信じている、だけどぐうたらしてしまう自堕落なくりきんとん99の日々。
2011年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年04月
ARCHIVE ≫ 2011年04月
      
≪ 前月 |  2011年04月  | 翌月 ≫

『ちょちょら』 畠中恵

ちょちょらちょちょら
(2011/03/22)
畠中 恵

商品詳細を見る

19日~24日。

自殺した兄、千太郎に変わって
多々良木藩の江戸留守居役になった新之介の物語。

見た目もよく、仕事も出来ていた兄と違い、
平々々凡々々と評される新太郎。
財政に困窮している多々良木藩。
前任の江戸留守居役2人のうち、千太郎は自殺、
もう一人は、突然留守居役を辞め、藩から出て行ってしまったことから、
新之介が留守居役をやることに。

他の藩の留守居役仲間からいろいろ教わったり、
いじめられたりしながら、千太郎は、留守居役として成長していく。
そして、前任者2人が何故、あのようになってしまったのか、
だんだんとわかっていく。

そしてお手伝い普請。
今度、お手伝い普請を申し付けられたら、
借金だらけけの多々良木藩はつぶれてしまう。
新太郎は、何とか多々良木藩をお手伝い普請から、
逃れられるように奔走するがうまくいかず、
悩んだ挙句、全ての藩がお手伝い普請を逃れる総抜けを思いつく。

「しゃばけ」シリーズとは全然違う面白さ。
私にとって馴染みのない江戸留守居役が
主人公だったことがナントも新鮮だった。

何となく見てた時代劇の中でも聞いたことのある江戸留守居役。
どんな役割なのか分かったところで見るとまた違うかも。

大昔に年末特番でやっていた里見浩太郎が大石内蔵助をやった
「忠臣蔵」の中で、江戸城の廊下を走っていたお坊さん達の役割も分かったねぇ。

地味にあれ、ず~~っと謎だったんだよね~。
スポンサーサイト



プロフィール

くりきんとん99

Author:くりきんとん99
まだまだ若いと思っているアラフォー・・・ではなくアラフィフのわたし。北海道に住んでます。
最近、柴犬の「ゆず」が家族の仲間入りしました!!

やっとこさ読書記事を引越ししました。
『くりきんとんのこれ読んだ』

ブログランキング参加中
ポチっと押してもらえると うれしいです~。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます!
FC2カウンター
QRコード
QR
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ