FC2ブログ

いつの間にアラフォー!?

もうアラフォー!?と思っているうちに気がつくとアラフィフ!!なのに、まだまだ可能性があると信じている、だけどぐうたらしてしまう自堕落なくりきんとん99の日々。
2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年10月
ARCHIVE ≫ 2011年10月
≪ 前月 |  2011年10月  | 翌月 ≫

『ぶたぶたのいる場所』 矢崎存美

ぶたぶたのいる場所 (光文社文庫)ぶたぶたのいる場所 (光文社文庫)
(2006/07/12)
矢崎 存美

商品詳細を見る

~31日。

「ぶたぶた」シリーズ。
今回のこの作品、お気に入りの「ぶたぶた」の中でも、
お気に入りかも。

舞台はとある町の高級ホテル「グランドホテル」。
この「グランドホテル」で来春、舞台を行う。
毎年、この時期に舞台を開催するが、
今度はホテルが20周年ということで、
市民から役を募り、演出は有名な先生がすることに。
演目はシェイクスピアの「オセロー」。

今回のこの作品は、このホテルや舞台に関わる人たちの立場から、
四季ごとの連作短編集となっている。

ぶたぶたさんは、このホテルのバトラー。
それも従業員の教育係で、普段はお客様に見つからないように仕事をしている。
さらにぶたぶたさんは、「オセロー」でイアーゴー役をやることに。

「オセロー」を知らない私でも、
この作品の中で「オセロー」は、
シェイクスピアの4大悲劇と書いてあるから、悲劇なのはよくわかる。
その悲劇のメインキャストにぶたぶたさん?

自分はぬいぐるみだからと(笑)最初は固辞をしていたぶたぶたさん。
周りの説得で演じることになる。

これは見たいよね~。

離婚して妻のもとにいる娘が、その「オセロー」の
ヒロイン「デスデモーナ」役のオーディションを受けることを知った有働は、
娘にちょっと会いたいというだけで、オセロー役を申し込み、
うっかり受かってしまう。
デスデモーナはオセローの妻という設定。
そしてオセローは、終盤デスデモーナを殺してしまう。
実際の親子が夫婦役で、それも妻を夫が殺す。
悩んだ有働は、辞退しようとする。

このお話が一番好きだったかな。
話をする場にぶたぶたさんがいるだけで、
周りは何となく素直に話が出来るようになる感じで。

…逆に混乱状態なのかもしれないけど。

一番最後は、舞台「オセロー」の本番。
この作品に出てきたいろんな人の立場から書かれている。
心配したイアーゴー役、ここまでぶたぶたさんにハマっているとは!!
神がかりすぎ!!

ぜひ、実際に見てみたいけど、
はたしてバレーボール大のぶたぶたさんを認識できるのか?
だって、点目なんだよ!?
小さすぎて表情は、読めなさそうだよね~?
プロフィール

くりきんとん99

Author:くりきんとん99
まだまだ若いと思っている独身アラフォー・・・ではなくアラフィフのわたし。北海道に住んでます。
最近、柴犬の「ゆず」が家族の仲間入りしました!!

やっとこさ読書記事を引越ししました。
『くりきんとんのこれ読んだ』

検索フォーム
ブログランキング参加中
ポチっと押してもらえると うれしいです~。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます!
FC2カウンター
QRコード
QR
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ