FC2ブログ

いつの間にアラフォー!?

もうアラフォーなのに、まだまだ可能性があると信じている、だけど ぐうたらしてしまう 自堕落な くりきんとん99の日々。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP今日のできごと ≫ 初めての落語

初めての落語

このあいだの水曜日は、
この
DSC_3425.jpg
春風亭一之輔独演会へ行ってきた〜

今、一番チケットがとりにくいと言われる
春風亭一之輔さんの落語。

ぜひ行ってみたい!と初チャレンジ。

幸い、札幌の隣町、江別が会場ということで
チケットをあっさり取得(といってもカレが買ってきた)。
どうやらすぐに完売したらしいけど。

初めてだし、少し勉強しとく?と思ったけど
何をかけるかもわからないから、
勉強のしようもなく、時間もなく会場へ。

最初は前座の春風亭きいちさんによる「金明竹(きんめいちく)」。
小僧と店主の妻が上方者の難解な言葉に振り回されるというもの。
最初は笑いどころがいまいちわからず、
波に乗るまでちょっと時間がかかっちゃったけど、
そこそこな面白さ。

さてさて、いよいよ春風亭一之輔さんの登場〜

もうね〜マクラから大笑い
会場は、江別市大麻にある「えぽあホール」というところだったんだけど、
まずは、地名の大麻をいじるいじる
読みは、「おおあさ」なんだけど、
知らない人はほぼ「たいま」ってよむもんね。

そこからご家族の話に入り、
いよいよお話へ〜。
まずは、「お見立て」

吉原遊廓の花魁、喜瀬川が
大嫌い田舎者の杢兵衛の相手をしたくないために
若い衆、喜助に病気だといって追い返せと言う。
喜助は、イヤイヤ言われた通りに。
すると杢兵衛は、「お見舞いに行く」と言い出し〜と言うお話。

演じ分けが面白くて、本当に大笑い
落語ってこんなに笑えるのね。

そして中休憩を挟み、次にお話ししたのが「藪入り」。
商家に奉公へ行っている亀吉が、3年ぶりに薮入りで帰ってくる。
その前の日から、当日の父親、母親、亀吉のやりとり。

これも最初っから大笑い〜

2時間弱ほどだったけど、
初めて経験する落語で大満足〜
ただ、すっかりくたびれちゃったけど

また行きたいけど、なかなかこう言う機会ってないんだよね。
チケット買って、札幌まで行くの面倒くさいし
とりあえず、テレビとかでみてみようかな?
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

くりきんとん99

Author:くりきんとん99
まだまだ若いと思っている独身アラフォーのわたし・・・。北海道に住んでます。
最近、柴犬の「ゆず」が家族の仲間入りしました!!

やっとこさ読書記事を引越ししました。
『くりきんとんのこれ読んだ』

検索フォーム
ブログランキング参加中
ポチっと押してもらえると うれしいです~。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます!
FC2カウンター
QRコード
QR
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ